ベビーシッターとして働く方法

保育士の専門学校などに通っている人なら、ベビーシッターとして働くという選択肢があります。

ベビーシッター情報を豊富に提供しています。

ベビーシッターとは、依頼者の自宅で子供の面倒を見る仕事です。責任感と子供の扱いになれている必要があるため、保育士志望の女性や元保育園の先生などはベビーシッターに向いています。

基本も充実した朝日新聞デジタルの情報はこちらのサイトです。

ベビーシッターとして働きたい時は、インターネットで支援サイトに登録して活動する方法があります。
支援サイトに登録すれば、依頼者から直接メッセージを貰って依頼を受けたり、掲載されている依頼の募集を見て応募したりできます。

自分の実績や資格、住んでいる地域などによって依頼のメッセージを貰える頻度が変わります。

保育士の資格だけでなく、ピアノや英語など子供の教育に役立つ資格を所持していると評価されます。


支援サイトに登録する時は個人情報の送信と本人確認を行い、サイトの運営者と面談や適正テストを行うこともあります。
信用が大事な仕事なので登録手続きは手間が掛かります。
その代わり、サイトから仕事を斡旋して貰ったりというメリットもあります。
支援サイトに登録してベビーシッターとして働く場合、収入は不安定になる事があります。

収入は基本的に時給で支払われ、それ以外に習い事や家庭教師の依頼、面倒を見る子供の数などで収入が変動します。時給の相場は1500円前後と考えられています。
交通費は全て依頼者が負担してくれるシステムになっています。



仕事を受ける時は移動時間や労働時間などを考慮して選ぶと良いです。